2019年12月12日木曜日

家具のメンテナンス

鳴海です。

今年は椅子の張替えや天板の磨き直し、丁番やレールの交換など
メンテナンスの多い1年でした。

澪工房は今年で21年目になりました。
初期の頃に購入された方々からのご依頼が多く
大切に使ってくれているのだなと感じました。


今回も、打ち合わせ用の椅子としてご購入いただいた
UZURAチェアのメンテナンスをして欲しいとの事で確認させて頂きました。

経年変化で綺麗な飴色に焼けたUZURA達

全体的にまだまだ使用する分には問題なさそうでしたが
よく手のかかる部分はわずかに塗装がはがれており

アーム、角の部分の塗装が薄くなっています。

本体の接着も少々緩んでおりましたので、念のため修理をすることになりました。

わずかな隙間ですが、放置すると広がる可能性もあるので
わざと一度ばらし、組みなおします。

ちなみに
このUZURAチェアの座面、以前は張り込みでしたが
今はカバーリングになり、取り外して洗うことができます。
詳細はこちらよりご覧ください↓
http://mio-kobo.com/homepage/detail/uzura.html

椅子に限らず、テーブルやソファ、チェスト等、定期的にメンテナンスする事で
より長く、安全にお使いいただけます。
ご家庭でお使いの家具で気になる所等、ございましたら一度ご相談ください。













2019年12月11日水曜日

これから希少になっていくブビンガという赤い木。

酒井です。


木は樹種によって色が異なります。

一般的にはナラのような黄色ぽい木


ブラックウォルナットのような焦げ茶の木


サクラのようはオレンジ色の木


メープルのような白い木



大体この4色が定番になりますが

世の中には特徴的な色をした木がたくさんあります。

その中でもこれから希少になっていくであろう「ブビンガ」という木をご紹介いたします。


当店の工房にもあるブビンガの一枚板。


色は赤く、独特な艶感があるものすごく硬い木ですが

この木はアフリカの代表的な木です。


たまに店舗のカウンターで見ることがありますが
使い続けるととても良い艶になり、質感を更に高めていきます。


画像引用 木材図鑑 ブビンガ


割とポピュラーなアフリカの材だったのですが

2017年にワシントン条約の付属書IIに掲載されまして

輸出入に規制が掛かるようになりました。


今後、新規で輸出入が困難になりますので国内在庫限りになって
いずれは枯渇してしまうでしょう。


現在工房に一枚在庫がございます。

W2060×D630×厚さ73 ¥330,000(税別)

是非この機会にお考え下さい。


2019年12月10日火曜日

部屋の配線周りを綺麗にしませんか?

酒井です。

TVボードやチェストを置くとき、電源プレートが邪魔でうまく置けないという

お話をよくお聞きします。





無理矢理置いたとしたら、コンセントが出っ張ってる分

TVボードやチェストが前に出てしまうので、隙間に物を落としたり

ホコリだらけになってしまいます。


掃除するときはこの様に
前に出さないとなりません。


既製品の家具ですと、電源プレートと干渉しないように配慮をすることが

不可能ですので、綺麗に納める為にはオーダーをすることをお勧めいたします。



上の写真のオーダーチェスト納品後

このチェストをご注文頂いたお客様は、身の回りの小物を引き出しや扉の中に

綺麗に収納出来て、壁にピッタリ着くチェストを探しておりました。





事前に収納物や電源プレート位置や機器の数などを確認しますので

非常に使い易く、すっきりしました。

壁にピッタリ着く分、通路も少し広くなります。



内部には電話線、電話用のコンセント
延長コードなどがうまく納まっております。


そして、当店のアドバイスで家具本体に2口コンセントを2か所つけましたので

日常にもとても便利になりました。





この様にお客様のご要望+当店のアドバイスでより使い易い家具になりました。

これがオーダーの価値だと思います。


お困りの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

2019年12月9日月曜日

桜の造作家具

酒井です。

桜材の造作家具を納品いたしました。

床材も桜材でしたので統一感があり、雰囲気がとても良かったです。




両サイドは4段の引き出し収納、真中は和モダンを感じさせる縦格子の引き戸収納。
奥様のお気に入りの食器を収納する予定です。

建築工事中に壁の寸法をしっかり測りましたので
ぴったり納まりました。




ダイニングテーブルは先日鳴海が磨いておりましたカバ材です。
ギラが美しいです。




ダイニングが独立しておりますので、手洗いカウンターがあると
便利です。




桜材は時間と共に色が深まっていきます。

これからより居心地の良い空間になって行くでしょう。

2019年12月8日日曜日

丸井今井の連絡通路ベンチ

酒井です。

二か月ほど前のお話ですが

丸井今井の本館と一条館を繋ぐ5F、7F連絡通路に澪工房の特注ベンチを納品いたしました。




タモ材のフレームに落ち着いたトーンの赤の張地を組み合わせました。

肘はアッシュ無垢材

丸井にショッピングに行かれた際は、是非お掛けになってみてください。


2019年12月7日土曜日

お手軽価格で環境にも配慮している道産ナラ材天板

酒井です。


本日はお得な天板をご紹介いたします。


道産ナラ材の間伐材を使用した味わいのあるダイニング天板です。


W1800×D900×厚さ26mm

節や白太が入っておりますが、その風合いが良くて
スチール脚と組み合わせますと、とても格好いいです。


5枚限定ではありますが通常価格¥153,000(税別)のところを

10%割引¥137,000(税別)で販売いたします。


そもそも間伐材とは、どういったものかと言いますと

人工林の中で植えられた木が成長するにあたって、枝をどんどん広げていき
隣同士が重なり合い、十分な光が行き渡らなくなり、成長の妨げになります。

そうならない為に定期的に枝の切る事を間伐と言います。

次世代へ向けての太い木を育てながら、有効活用する。
とても環境にも配慮したダイニング天板なのです。





早い者勝ちですのでこの機会にご検討ください。

2019年12月6日金曜日

自慢したくなる箸置きセット

酒井です。


皆様、自慢したくなるものはお持ちでしょうか?


車、アクセサリー、器、洋服など、

ご友人についつい自慢したくなるものってありますよね。




でも箸置きを自慢したことはありますか?




今日は自慢したくなる箸置きを紹介いたします。


ブログには数回登場しておりますので

見たことがある方もいらっしゃると思いますが

細かいところまでご紹介させていただきます。



その箸置きがこちら↓








ん?これが箸置き?と思うかもしれませんが



実は上の木をゆっくりスライドさせると・・・





さらにスライド・・・




おや。何かが見えてきました。

全て取り外すと・・・




なんと中に色んな樹種の箸置きが収納されているのです!



友人を招いたときに、使う箸置きを選ばせるなんて粋を感じませんか?



この様々な色の樹種ですが、すべて天然の色の木です。
中には中々手に入らない材種も入っております。



実は箸置きをひっくり返すと。。







それぞれに木の名前が刻まれております!




左からカリン(希少材)、神代ニレ(希少材)、ハードメープル、ミズナラ、ウォルナット、チェリー


銘木だらけで使うの勿体ない!と思っちゃいます。(笑)



こんな遊び心満点な箸置きですが、かなりの高技術で作られております。

ケースのフタが隙間なく納まります。


作家さんは旭川の「BAU工房 大門 嚴(たけし)さん」という
超一流のクラフトマンで、センスと技術は世界レベルです。


実際に1973年 第21回技能五輪国際大会(ミュンヘン)では銅メダルを獲得しております。


大変、偉大なお方です。


当店の工房でも、その技術力を確認できます。





木の座布団

姿見

よく見ると。。

半分の台がミラーに写り四角い台に見えます。

この2台は初めていらっしゃったお客様にいつも驚かれます。


これらは非売品となっておりますが


箸置きセットはなんと¥10,000(税抜)です。


お手軽すぎます。。


これからクリスマスパーティやお正月で人が集まる事が多くなると思いますが
この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか?

驚かれること間違いなしです。