2018年11月11日日曜日

森をイメージした病院

札幌市内に移転オープンする病院にRikospoppoのガラスを納品致しました。
Rikospoppo吉田をはじめ、コーディネーターや建設現場との綿密な打ち合わせを重ね、ガラスが引き立つ木製フレームのデザインと制作をし、施工致しました。

メインの出窓部分は四季の森をイメージした15枚のガラスが入りました。
フレームはホワイトアッシュ材に着色で建材の一部のように仕上がりました。
色とりどりのガラスに日の光が射し、時間によって表情を変え、とてもきれいです。




待合室とリハビリスペースの間にあるR壁面には緑をメインにしたガラスを3枚入れました。実は、このアールが付いている壁面に直線のフレームをどうやってきれいに納めるか、というのがなかなか難しいところだったのです。家具屋の腕の見せ所。

待合室側から




リハビリスペース側から

最後は丸いガラス。小児科の診察室の窓に取り付けられました。
お皿ではなく、丸いガラスをフレームに入れるというのは初の試み。
子供はまるが好きなので、ぜひ丸いガラスを!という院長先生のご要望で実現しました。






11月24日(土)25日(日)の照明・表札・時計展には、
Rikospoppoの照明や表札も並びます。
どうぞお楽しみに。

2018年11月10日土曜日

照明・表札・時計展

日下です。

札幌は、すっかり寒くなって雪の知らせがちらほら聞こえてきました。
寒くなってきたので暖かい家の中でのんびり過ごしたい気分です。

照明のあたたかな光は、気持ちを和ませてくれますね。
これからご新築やお引越しされるご予定がある方は、照明をお探しのことと思います。

札幌のガラス作家 上杉 高雅さんの吹きガラスの照明
手作りならではのフォルム、大きめの泡の入ったタイプが登場
曇りガラスになっているので眩しさが軽減されています。

スタジオΠ

 フュージングガラス作家の吉田絵里子さんの作品は、
丸い模様のデザインが特徴。ちょっぴりレトロな印象をもちつつ、
オリジナリティのある照明です。新しい色の組み合わせのものも登場する予定です。

Rikospoppo 

表札の実例です。
こちらもRikospoppoさんの表札
サイズ、フォントなど打ち合わせしながらオーダーできます。
Rikospoppo ガラスの照明

 澪工房といえば木の表札
大きさ、素材、フォントを打ち合わせで決めて作ります。

木目を活かした表札 フォントは選べます
木製の表札の取り付け事例 

 住宅にあったらいいものの一つに時計。
澪工房オリジナルの新作時計をいくつか製作中です。お楽しみに!









2018年10月26日金曜日

いよいよ明日から開催

明日からの10月27(土)~28日(日)10:00-18:00
イベント【冬ごもりの酒卓展】の準備ができました。

上原治夫さん、上原敬子さん、息子さん夫婦 連さん、梨恵さんの皆さんが、
明日から二日間 会場にお越しくださいます。

お酒を楽しく呑むための器が揃います。お楽しみに!











2018年10月20日土曜日

今宵堂~冬ごもりの酒卓展~ご案内

日下です。
京都の「今宵堂 こよいどう」さんでは、陶芸家 上原 連・梨恵夫妻が酒器や肴を盛り付けるお皿などを制作しています。


ギャラリー
鴨川のほとりに建つ町家の工房兼ギャラリーは、京都らしい佇まいで一歩中に入るとゆったりとした時間が流れています。美しいフォルムのものから、可愛らしいデザイン、思わず笑顔になってしまう酒器やネーミング。なぜこんなに楽しいアイディアが次々浮かぶのかと感心してしまうほどです。

以前 澪工房で展示会をしてくださったのが、2009年のこと。
当店での展示会は久しぶりでとても楽しみです。

伝統的な技法を取り入れつつ、新しいものを生み出し続けている今宵堂さん。
作りの繊細さは、見た目も、持ったときも、盃などに口をつけたときに感じます。
「使うと次も欲しくなる」そんな酒器。
好評のため注文しても6ヶ月から1年待ちの今宵堂の酒器を、ずらりと並んだ中から選べる北海道では数少ない機会です。

今回出品される一部はこちらです!

瓢箪片口
容器としての瓢箪は徳利として使われますが、
こちらは片口として作られました。


夜盃
京焼でもよく使われてきた 吹き墨という古い技法でポップな柄を。

さかづき姫
をりをりの記作の卓布の柄は、この盃に合わせた冠模様になっています。

ニャン徳利 
燗徳利ならぬ「ニャン徳利」盃にくっつけて注ぐ姿は、
猫がごろニャ~ンと甘える様です


成駒箸置・座興賽
酒卓の上で遊べる小さな玩具

以前工房にお邪魔したときに、お二人で作った器で、お料理を振る舞ってくださったことがあります。お料理上手な梨恵さんのおつまみレシピは本になって販売されています。
日々の酒卓を記してきた「今宵堂晩酌帖」をもとにした一冊です。
『今宵堂 きょうの晩酌』¥1,300

酒呑む随筆家・木村衣有子さんによる、お酒にまつわるリトルプレス。のんべえによるのんべえのための小さな本です。特集「酒器酒器大好き」では今宵堂が掲載されています。
『のんべえ春秋』 ¥800

また、今宵堂さんが記事を書く【京都で呑む】がテーマの「千鳥足デ上ル下ル」が掲載されている『その界隈』北海道と京都のあれこれを様々な視点で巡るタブロイド判のリトルプレス)¥500 もイベント当日購入可能です!

当日は、ご夫婦とも在店されますので、作り手のお話を伺いながら、酒器をお選びいただけます。

今宵堂HP http://www.koyoido.com/
今宵堂日記 今宵草 http://www.koyoido.com/koyoiso/
今宵堂facebook www.facebook.com/koyoido/

2018年10月16日火曜日

をりをり記 ~冬ごもりの酒卓展~ご案内

日下です。

をりをりの記の上原敬子さんは、今回の展示会で、お酒の席でテーブルを彩る卓布やテーブルセンターを制作してきてくださいます。

麻や綿で織られた卓布は、しっかりした素材感で、色や模様も様々。
テーブルの上で楽しんだり、飾り棚に敷いて器を飾るのもよさそうです。

麻糸で織られた卓布に金の柄が入っています

テーブルセンター

麻糸 グリーンの卓布 \3,240(税込)

塩もみきゅうりのサンドイッチをのせて
ご主人である上原治夫さんの器との相性はこの上なしです!

そして、これからの冬の北海道には嬉しい、軽くて暖かなカシミアストールもお持ちくださいます。触れた瞬間から心地よい肌触りにうっとりします。

私もストールを使わせていtだいていますが、色の綺麗さをたのしみつつ、暖かなフンワリ感がたまらなく好きで、冬のおでかけのお供になっています。

虹のような色が連なる模様が入ったストール

大判のストール チェック柄 

ワインレッドとアイアンブルーの大判カシミアストール
日下 着用してみました!
色使いが楽しい白地のストール
巻き方によって色の出方がかわります!

大判のストールは和服で羽織るのもよいですね
家の中で寒い日にも、羽織ったり、膝にかけても。
¥32,400(税込)

まだまだたくさんの色、デザインのものが並びます。これから出展予定の品も
紹介されている上原敬子さんのfacebookも御覧ください。
福岡県糸島市にある工房のお庭で撮影していらっしゃるので、美しい自然の中で
制作されているのがわかります。

をりをりの記 上原 敬子facebook https://www.facebook.com/keiko.uehara.9


何年も前に工房へお邪魔した際に、ご主人が焼いた器で、敬子さんがお料理を作って、
おもてなししてくださった事がありました。温かいご夫婦のお人柄に感動。そして美味しいお料理に大感動!この時を機に、「敬子さんのように、おもてなしができる女性になりたい!」と、お料理を学びにでかけたのでした。
日々の生活を、丁寧に過ごしていらっしゃるお二人から、たくさんのことを学ばせて頂いています。

当日は、作家の皆様も澪工房においでになります。ぜひお声掛けしてみてください。

2018年10月12日金曜日

莫窯(ばくよう)の器 ~冬ごもりの酒卓展~ご案内

日下です。

10月27日(土)28日(日)開催の『冬ごもりの酒卓展』には、
福岡と京都から作家さんがいらっしゃいます。

こちらは、福岡県糸島市にある上原治夫さんの窯「莫窯(ばくよう)
さんの器です。北海道札幌市のご出身です。
料理を美しく魅せる器は、プロの料理人からも定評があります。
一見控えめながら、お料理を盛り付けると、テーブルの上で存在感を放ちます。

ついつい作家さんの器は作品と思いがちですが、上原治夫さんは、「僕は食器屋です」と仰られていて、日々使って欲しいと思っていらっしゃいます。

私も、もったいがらずに日々使いをしています。
毎日の生活の中で、良いものを目で楽しみながら触れて使うことに、
豊かさを感じています。お皿に負けないようにお料理を頑張ろう!と思ったりします。

今回の展示会では、晩酌のときに使いやすいお皿や小鉢が並ぶ予定です。

印文皿 

鉄釉刷毛目掛け平皿(径16.5cm)緑無花果をのせて

藍釉小皿
38年間使い続けている窯は、一度に湯呑が250個近く入るそうです。


白瓷の器に赤絵や色絵をほどこして華やかに
耳付き掛け分け皿 に塩もみきゅうりのサンドイッチをのせて
奥様 上原敬子さん作の麻の卓布

糸島の莫窯さんの展示ルーム
静かで緑豊かな土地にあり、いつまでも佇んでいたいほど。

莫窯 HP                    http://bakuyo-uehara.tumblr.com/
上原治夫 facebook     https://www.facebook.com/haruo.uehara.9






















2018年10月7日日曜日

コラボイベント開催中

鳴海です。

本日10/7(日)~9(火)の3日間
旭川の家具メーカー、匠工芸さんとのコラボイベント「TAKUMIO2018」を開催しております。

今年の新作をメインにリビングやダイニング、カウンターなど様々にシーンに合わせた家具の展示をしております。

是非この機会にご来店くださいませ。

場所:(有)澪工房  札幌市白石区東札幌2条4丁目8-18
時間:10:00~18:00
電話:011-816-6797
新作「AG」シリーズ
カウンターチェア

新作「FIRST」

新作「SPREAD

YAMANAMIシリーズ
新作「AG」シリーズ
ダイニングチェア