2018年12月11日火曜日

ロングセラーのKURAチェスト

日下です。

澪工房は、オーダー家具のお店なので、お客様の要望を形にすることが多いのですが、
定番のオリジナル家具も展示販売しております。

KURAチェストはそのうちの一つです。

少し和の雰囲気を持ち合わせていて
洋室でも和室でも似合うデザインです。

引手のところは、素材を変えたり、同材にしたりご希望に合わせてお作りします。

チェストの高さを、平均的な天井の高さ240㌢の約1/3程にしてあり、
お花や器、オブジェなどを飾っても見栄えが良い高さになっています。

小物をしっかり収納しながら、【飾る】ことを楽しめます。

KURAチェスト
W750 D430 H850 タモ      ¥150,000(税抜)
           ウォルナット ¥165,000(税抜)
           ※サイズ変更はお見積りとなります

タモ 引手は赤味のある材

ウォルナット 引手は共材

2018年12月3日月曜日

木のおそなえ餅

山本です。

12月に入り、今年も終わりに近づいていますね。

木のおそなえ餅の在庫は残り3個となりました。
来年はいつもの鏡餅と一緒に並べて、お正月を過ごしてみてはいかがでしょうか。

木のおそなえ餅  お餅:メープル 橙(だいだい):キハダ(オレンジ着色)  
H160 D160 H65(収納時) \16.000(税別)

お餅の部分は上品な白色が特徴のメープルを使用しており、上に乗っている橙(だいだい)は黄褐色が特徴のキハダにオレンジ色で着色しています。また、布地(ラムース)のカラーが2種類あります。

赤のタイプ

ワインカラーのタイプ

また、土台になっている箱にきれいに収納できるためコンパクトです。


木のおそなえ餅ですとその年だけでなく、来年、再来年とずっと使っていけるのがとても良いですね。

2018年12月2日日曜日

子供椅子とスツール

日下です。

12月に入り札幌はうっすら雪が積もっています。
もうすぐクリスマスですね。

 こちらは現在ショールームに展示しているキッズチェアとスツールです。
出産祝いやクリスマスプレゼントにいかがですか?

無垢の木で作られたこちらの2つは、北海道で製作されています。
大切にお使いいただくと、今のお子様が大きくなって、
子育て世代になったときに、そのお子様に使っていただけるものです。

「物を永く大切に使う」ということも教えてあげながら、
永く使っていただきたいと思っています。

Kid's チェア ウォルナット&メープル オイル仕上げ \40,000(税抜)
W370 D370 H320 SH200mm


おはじきスツール くるみ オイル仕上げ ¥14,000(税抜)
W275 D275 H200mm

上から見ると丸っこくてかわいいです!

2018年11月24日土曜日

カリン材丸テーブル納品

酒井です。

一昨日の雪で、一気に雪景色になり、北海道の長い冬が始まりました。

そんな中、赤く燃えているような色のカリン材の丸テーブルを納品しました!






カリン材は希少材で、なかなかテーブルの大きさで作る機会が
無いです。
私も過去に1度しか見たことがありませんでしたので
貴重な機会を頂けて嬉しかったです。

椅子はプロダクトデザイナーの小林幹也さんの新作SKIFFチェアを4脚合わせました。
ウォルナット材板座¥64,000(税別)

高級感のある仕上がりにお客様も大満足でした。

2018年11月23日金曜日

照明・表札・時計展 準備できました

ついに札幌にも冬がやってきましたね。

澪工房は明日から始まる照明・表札・時計展の準備が整い、
雪景色の中、暖かな雰囲気になっております。







時計は、この日のために異素材を使った新商品を多数ご用意しました。
照明や表札も、新商品や普段は展示していない商品もご覧いただけます。
ぜひご来店ください。


照明・表札・時計展
2018年11月24日(土)25日(日)
10:00~18:00
澪工房
札幌市白石区東札幌2条4丁目8-18



2018年11月11日日曜日

森をイメージした病院

札幌市内に移転オープンする病院にRikospoppoのガラスを納品致しました。
Rikospoppo吉田をはじめ、コーディネーターや建設現場との綿密な打ち合わせを重ね、ガラスが引き立つ木製フレームのデザインと制作をし、施工致しました。

メインの出窓部分は四季の森をイメージした15枚のガラスが入りました。
フレームはホワイトアッシュ材に着色で建材の一部のように仕上がりました。
色とりどりのガラスに日の光が射し、時間によって表情を変え、とてもきれいです。




待合室とリハビリスペースの間にあるR壁面には緑をメインにしたガラスを3枚入れました。実は、このアールが付いている壁面に直線のフレームをどうやってきれいに納めるか、というのがなかなか難しいところだったのです。家具屋の腕の見せ所。

待合室側から




リハビリスペース側から

最後は丸いガラス。小児科の診察室の窓に取り付けられました。
お皿ではなく、丸いガラスをフレームに入れるというのは初の試み。
子供はまるが好きなので、ぜひ丸いガラスを!という院長先生のご要望で実現しました。






11月24日(土)25日(日)の照明・表札・時計展には、
Rikospoppoの照明や表札も並びます。
どうぞお楽しみに。

2018年11月10日土曜日

照明・表札・時計展

日下です。

札幌は、すっかり寒くなって雪の知らせがちらほら聞こえてきました。
寒くなってきたので暖かい家の中でのんびり過ごしたい気分です。

照明のあたたかな光は、気持ちを和ませてくれますね。
これからご新築やお引越しされるご予定がある方は、照明をお探しのことと思います。

札幌のガラス作家 上杉 高雅さんの吹きガラスの照明
手作りならではのフォルム、大きめの泡の入ったタイプが登場
曇りガラスになっているので眩しさが軽減されています。

スタジオΠ

 フュージングガラス作家の吉田絵里子さんの作品は、
丸い模様のデザインが特徴。ちょっぴりレトロな印象をもちつつ、
オリジナリティのある照明です。新しい色の組み合わせのものも登場する予定です。

Rikospoppo 

表札の実例です。
こちらもRikospoppoさんの表札
サイズ、フォントなど打ち合わせしながらオーダーできます。
Rikospoppo ガラスの照明

 澪工房といえば木の表札
大きさ、素材、フォントを打ち合わせで決めて作ります。

木目を活かした表札 フォントは選べます
木製の表札の取り付け事例 

 住宅にあったらいいものの一つに時計。
澪工房オリジナルの新作時計をいくつか製作中です。お楽しみに!