2019年9月14日土曜日

織物作家 上原 敬子さん

日下です。

9月21日(土)~23日(月祝)まで器とカシミアストール展を開催いたします。

上原 敬子さんの手織りのカシミアストールは、毎回好評で、大きさや色を変えて何枚かお持ちの方もいらっしゃいます。私もそのうちの一人で、冬はブルー系とグリーン系のサイズ違いを愛用しています。暖かくて軽くて肌触りが良いのと、甘くなりすぎないアクセントのついたデザインが気に入っています。

上原敬子さんは、陶芸家 上原治夫さんの奥様で、福岡県糸島市に、工房『をりをりの記』を構えていらっしゃいます。お庭で撮影された今回出店される作品をいくつかご紹介いたします。いつも色の組み合わせを見ているだけで楽しくなります。

緋赤にモーブの波文様 カシミアストール 大判

グレイと赤紫の波文様 カシミアストール大判

ワインレッドと黒の波文様 カシミアストール大判

大判なのでさっと羽織るだけで暖かい
和服にも合いそうですね

多色やたら縞蓮の葉文様カシミアストール 大判


2019年9月13日金曜日

陶芸家 上原 治夫さん

日下です。

9月21日(土)~23日(月祝)まで器とカシミアストール展を開催いたします。

陶芸家の上原治夫さんの器が澪工房の工房に並びます。

上原治夫さんの窯は、福岡県糸島市にあります。
大きなトチノキがあるお庭があり、ギャラリー、ご自宅、窯場が並んでいます。
ホタルも近くに住んでいるような自然あふれる場所
なんとも心地よい空間で、ものづくりをされています。

上原さんの器の好きなところは、美しいカタチはもちろん、お料理が美味しそうに見えるところ。酒器は使ってみると飲み口の薄さと口当たりの良さで、お酒が美味しく感じられます。カップの持ち手は、そっと手に馴染みます。和食でも洋食でも似合う器。
展示会に毎回足を運んでくださるお客様が沢山いらっしゃるのも納得します。

イベント期間中は、上原治夫さんは、3日間在廊されています。

ギャラリー ご自宅 窯場が並びます

轆轤が置かれた作業場の風景


ギャラリー
窓からの風景はアートですね。
静かなギャラリーで器に触れて選ぶことができます。
いつまでもここに居たいと思う空間です。

札幌の展示会用に作られた作品
この度持ってこられる作品の一部です。

昨年のイベント「冬ごもりの酒卓展」の様子はコチラ↓です。




2019年9月10日火曜日

オータムフェア  器とカシミアストール展

この秋にお愉しみのイベントがあります。

9月21日(土)~23日(祝月)10:00~18:00
オータムフェアと同時に「器とカシミアストール展」を開催いたします。

福岡県糸島市に窯を持ち、器を作り続けている上原治夫さん。
今年も新作を持って来てくださいます。

白瓷、白釉、三島手、黒釉、織部 様々な表情を持った器たち。
シンプルながら気品を纏った食器は、お料理をそっと引き立ててくれます。

期間中 作家の上原 治夫さんも在廊されます。
この機会にお人柄も感じながら、食器選びにお越しください。

莫窯 (ばくよう)/上原 治夫
莫窯 HP   http://bakuyo-uehara.tumblr.com/
上原治夫 facebook  https://www.facebook.com/haruo.uehara.9

【上原 治夫】

1946年 札幌に生る 
1969年 早稲田大学文学部美術専修卒 陶芸家 永見鴻人先生に出会う
1970~ 鹿児島・京都・広島にて修行 
1978年 福岡県糸島市に築窯 食器作りに専念



をりをりの記の上原 敬子さんは、手織りのカシミアストールをお持ちくださいます。
 一枚のストールにたくさんの色が使われている作品は、 手間を惜しまず織られているのがよくわかります。寒いときには首周りにくるりと巻くと、しっかり暖かくなります。フワッと肩にかけただけで、ほんわか暖かい。 会期中 作家の上原 敬子さんも在廊してくださいます。北海道の冬には嬉しい、軽くて暖かい上質なカシミアのストール。

色違いで何色か欲しくなってしまいますね。


をりをりの記 / 上原 敬子


をりをりの記 上原 敬子facebook https://www.facebook.com/keiko.uehara.9 

【上原 敬子】

染織家 志村ふくみ氏の草木染めの美しさに感銘を受ける。

福岡の草木染作家の故横田富生先生に師事し、以後、草木染め着尺の手織り制作を続ける。(紅花・臭木・矢車附子・梅・桜・くちなし・せんだん・藍・茜・蘇芳などの枝、根、実、皮を採取し、煮出し、絹糸に染める)最近は、化学染料のカシミヤの糸でストールを織る。植物染料の色の美しさも、化学染料の色の楽しさも共に知らされます。


オータムフェアでは、家具 展示現品の一部が10~30%OFFとなります。
チェア、ソファ、チェスト、センターテーブルなど、対象商品は様々です。
是非この機会にお求め下さい。


2019年9月7日土曜日

モダン神棚 ENISHI

澪工房のモダン神棚ENISHI(えにし=縁)は、ウォルナットでお作りしていて、
和室でも、洋室でも合うデザインに仕上げています。

素材のウォルナットは、時を経て色が淡く変化していきます。



榊入れは着脱可能


御札は、木の棒で背後から抑えられるようにしてあります

ガラスは上から差し込みます


背面はドッコになっており壁に受けを取り付けて掛けます

オプションの雲板
 神棚を設置する場所は、目線より高く、神棚の上に人が通らない場所がいいとされています。神様を見下ろすことがないようにするためです。2階建て以上の建物なら最上階がベストです。ただ、マンションや会社などで上に部屋があったり、戸建てでもリビングが1階にあることも多いと思います。そんなときは、神棚に雲板を付けるか、天井に「雲」「天」「空」という文字を貼るといいとされています。

澪工房では、お客様のご注文でお作りしたのはコチラ。
雲と掘られた板を神棚に乗せるタイプでお作りしました。
(特注品ですので、価格は都度お見積りとなります)


神棚はショールームに常時展示しております。
また澪工房オンラインショップでもお取り扱いしていますので、どうぞご利用下さい。

オンラインショップはコチラ→http://mio-kobo.com/shop3/product/i5_enishi/index.html

2019年8月24日土曜日

新作 Reiチェア 

今年 誕生したチェア Rei(レイ)チェアは早くも澪工房の人気者になっています。

Reiチェアの名前の由来は、令和生まれであることや、「良い。立派な。」という意味を持つ"令"から頂きました。またプロポーションが綺麗な椅子なので、「形がととのって美しい」という意味の"麗”にも掛けました。

座面はしっかり奥行きがあり、肘掛けが前まで出ていないので、
座ったときの膝周りがゆったりするのも特徴。

長く座る時に、ちょい掛けの肘掛けがあることで、
両腕にかかる負担を軽減したり、肩や腰に掛かる負担も軽くしてくれます。

リラックス効果を期待したいときには、肘掛け付きの椅子を選ばれると良いと思います。

Reiチェア ウォルナット 
¥89,000(税抜)

Reiチェア ホワイトアッシュ
¥78,000(税抜)

2019年8月23日金曜日

MARUCOテーブル

ソファに合わせたり、パーソナルチェアのサイドに置いたりする
丸いカフェテーブル。直径500Φ 高さ500mm の三本脚です。

本や飲み物を置く時に、あると便利ですね。
大き過ぎず、小さ過ぎず、ちょうどよいサイズ感です。

MARUCOテーブル ¥65,000(税抜) 
ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装


2019年8月18日日曜日

ぽてっとフォルムのスプレッドチェア

スプレッドチェア 
ウォルナット 革張り(L1ランク)
W610 D605 H710 SH370mm
 ¥102,000(税抜)

ぽてっとしたフォルムで、安定感もあり、
体を優しく包み込んでくれます。

こちらの写真は革張りですが、布でもお作りできます。

座面が37㎝と低めですが、こちらに合わせた高さ63~66㎝の
テーブルを合わせるとダイニング用としてもお使いいただけます。

材種は、オークとウォルナットから選べます。