2012年1月21日土曜日

汽車を作った?!家具屋

ミナミです。
思い出に残る納品をさせてもらった。

出会いは一昨年の12月にさかのぼる。
H23年2月着工で新築するので、自分の部屋に汽車の座席を製作してほしいとのこと。
そして5月ネットで手に入れた大きさの違う2つの椅子の座面を持ってきて下さる。
埃っぽくて、ちょっとかび臭い。


















6月新築して自分で列車内風に壁を塗りなおしてある。
その部屋を見せてもらい寸法もはかってくる。
よくここまでやったなぁと、感心して帰ってきたことを思い出す。

現物を見ることができたら、大体のことはできるよ!と断言していた手前もあり
6月の中頃にお客様のKさんと二人で、三笠にある鉄道記念館へ行き本物の
車内を見せてもらい、寸法を測らせてもらう。座席の布の色あわせ、
木部の色合わせもしてくる。


















急がないけど、製作して欲しいといわれて“できれば年内に納める”との
約束で引き受ける。

11月 椅子の脚をつくり、それを持ってKさん宅へ行き、
最終の寸法と色のチェック。
一緒に行った当社の酒井も「おーっ!!」と感動していた。

鉄を加工して作る脚部
座席の笠木、肘木の木部

大きさの違う座面に
詰め物をして均一にして
布を張替えた座面

これらの部材が一つの椅子となって
年末ぎりぎりに澪工房に入荷してきた。

Kさんより早く社員が椅子
(汽車の座席)を見ることになったが
全員大喜び。

しまいに「駅弁二つとお茶二つ!」
なんて声も上がった。




年は越してしまったが、1月14日に
無事納品と取り付けを終了しました。
Kさん、奥様 本当にありがとうございました。

「まもなく終点でございます。
お降りのお客様はお忘れ物のないよう
おねがいいたします。」