2012年11月21日水曜日

『蝦夷山桜』 (エゾヤマザクラ)




とある日常的なやりとりの中で・・・


― 「お勧めの樹種は何ですか?」 ― との質問。


― 「最近よく使う材料はコチラですね!」 ― と回答。


このように ”特定の材料” でお勧めする事は、多くはないのですが

数ある樹種の中で最近よく使う材料を上げるとすれば、

 『 蝦夷山桜 (エゾヤマザクラ) 』 が多いですね。



猪岡です。

『 蝦夷山桜 』とは、《 蝦夷 》 と書くくらいですので ” 北海道を代表的する桜 ” の一種。

多くは、家具、楽器、建築材として使われます。
身近なところでは燻煙のスモークチップでも使われていますよね。

そういえば、先週の休日のこと。。。
前から興味があって、『そば打ち体験』に行ってきたのですが、そばを切る時に使う定規の様な道具が蝦夷山桜を使ったモノでした!!
 ( 後から調べたのですが、小間板または駒板という道具だそうです )

また、澪工房の家具と小物アイテムにも蝦夷山桜は多く使われています。

無垢でつくった ” SHIMAU箱 ” シリーズ
引出しが全て無垢材の ” 8段チェスト ”


そんな親しみやすい蝦夷山桜は、赤味がかった木目がとても綺麗な樹種です。

また、色づきが早いのでチェリーに近い赤色に変化していくという特徴もあります。



木製家具を使うということは、経年変化で木の色が変わっていく事が 『 醍醐味 』

そんな木の風合いを楽しむのに 『 蝦夷山桜 』 はピッタリの樹種ですね!