2012年11月25日日曜日

札幌再発見 「中島公園」

日下です。
市民の憩いの場 中島公園を散策してみました。
地下鉄 札幌駅から真駒内方面向かい3つ目の駅です。

札幌まつりの会場になったり、池でボートにのったり、紅葉を楽しめたり、
犬の散歩をしたり、芝生でお弁当を食べたり、街中と思えないほど自然が身近に感じられる場所です。

菖蒲池
この公園は、1882年(明治15年)当時 貯木場の池(現在の菖蒲池)周辺を公園にしたのが始まりです。北海道開拓使は、日本人初の公園デザイナー長岡安平を東京から招き、前身となった中島遊園地』を1887年(明治20年)をオープンさせました。そこから今年で125年になるのですね。

メイゲツカエデ
一面の木々が鮮やかに色づいていました。
水面に映る木々と落ち葉のシルエットが綺麗でした

中島公園でびっくりしたことがあります。なんとエゾクロテンに会いました!!
ロケ班の私に気遣って登場してくれたのですね・・・きっと。

ごはん?!(ねずみ)をくわえて走っていたので、カラスに狙われています。
池を泳ぎ、芝生を走り、必死に逃げ切っていました。
今回は会えませんでしたが、聞くところ中島公園にはキタキツネも住んでいるようですよ。
市民の皆さんはご存知でしたか?

札幌再発見は、まだまだありそうです。

“ごはん”がリアルなので小さめの写真にさせて頂きます。