2013年11月9日土曜日

お餅とおでんの会

日下です。
先日のことですが、澪工房で第二回お餅つきを致しました!

澪工房で販売しているミニ臼と杵で、一升分がつけます。

今回は、北海道米の「はくちょうもち」の新米です。
もち米1.5kgを朝からうるかし、45分強火で蒸します。
まずは臼の中でお米をある程度つぶし、それからぺったんぺったん!!
20分ほどでつきあがります。上新粉をふりながらお餅を丸めて食卓へ。

今回は、慣れたのか?新米が良かったのか?とてもおいしく出来上がりました。
おもちに海苔と醤油をつけたり、おでんに入れたりして頂きました。

杵と臼は日本の食文化を伝える道具であり、
人と人をつなぐコミュニケーションツールでもあります。
みなさんもご家族が集まるお正月にいかがでしょうか?

つき手 南、 合いの手 酒井

ぺったん、ぺったん!


「よっしゃ!・・・あちちちち!」熱々なもので。掛け声はこうなります。

澪工房ショールームは、時々小料理屋さんのようになります。
今回もいつもお世話になっている方に来ていただきました。

ミニ臼と杵のセット(¥20,790)
材料:ハンノキ   
サイズ:外寸;幅340Φ×高さ210mm   内寸;250Φ×深さ110

ご注文承ります。発送も可能です。