2015年6月7日日曜日

【作家紹介】 スタジオπ 硝子作家 上杉 高雅さん

澪工房で人気のガラスの照明はStudioΠさんのものです。
とりわけ「つららランプ」が一番人気で、入荷するとすぐに売れてしまいます。
つららのできる冬にしか作ることができません。
雪の中につららをサークル上に立てて、その中で硝子を膨らませることによって、
表面に柔らかな凹凸を付けるのです。札幌の作家ならではですね。

右奥から3つはつららランプ


【プロフィール】
1979年 札幌生まれ 
2000年 東京国際ガラス学院基礎科卒業。
2001年 山梨県にてStudioπ【スタジオパイ】設立。
2005年 札幌市南区石山に工房を移転
2012年 東京六本木ヒルズ 森美術館内アート&デザインストアA/D Galleryにて取扱い中
20135  札幌 大通りビッセにて個展
201312月 リキッドガラスキャンドルシリーズの5種類が札幌スタイルに認証される
2015年 ウィンザーホテル&スパ(洞爺湖)作品出品展示
主に、宙吹きガラスで一点一点インスピレーションを大事に身近で気楽な、それでいて《かけがえのないものつくり 》を目指し制作している。

今回のコラボ作品は、エゾシカ革とガラス。
なんと硝子の中に、鹿の角を砕いたものが混ぜ込んでいます。
中国では漢方として3000年以上前から不良長寿の神薬として知られているようです。
よく見るととても細かい泡が硝子の中に見ることが出来ます。

新作 デキャンタ Deer Horn ¥10,000(税込¥10,800

エゾシカ角の粉末を溶けたガラスに挟み込み、光沢感のある細やかな泡を浮かべたグラス
デキャンタにはエゾシカ革を巻いてアクセントに。


デキャンタはかたちが様々
お好きな形が見つけるのも楽しいですね


24K×StudioΠ 

エゾシカ革クラッチバッグの留め具は硝子で制作されました


鹿の角のイメージ

北前船 小箱の中に入れる硝子の器もStudioΠ製作

左:丸MARU ¥2,700(税込)



札幌スタイル認証製品 リキッドガラスキャンドルシリーズ

芯替え不要で、オイルを入れて使うキャンドル
単品 ¥8,100~12,960(税込)


昨年のイベントの様子

色もデザインも見ているだけで楽しくなります。
新築祝いにと、ご希望の大きさと色で花器のご注文を頂いたことも有ります。
当日、作家の上杉 高雅さんは1日いらっしゃるので、ご相談ください。