2015年7月30日木曜日

桐箪笥洗い直し

酒井です。

お客様のご依頼で新潟県の伝統工芸品 加茂箪笥の洗い直しを
行いました。

洗い直しとは文字通り、桐箪笥をお湯で洗い、汚れを落とし、表面を削り
塗装を施す事を言います。
基本的に総桐箪笥に限り、洗い直しが可能です。

大切に使用していたのですが
全体的に少し汚れています。



所々に目立つ傷があります。


一ヵ月程期間を頂きまして、洗い直し。

全体的に白く綺麗になりました。


傷も消えました。



新品同様に綺麗になりました。

無垢材の家具は大切に使っていれば、何度でも綺麗になるものです。

特に桐箪笥は祖父母の代、ご両親の代と受け継がれている事が
多いので、まだまだ使いたいと思っている方がいらっしゃいましたら
是非、洗い直しをご検討下さい。