2017年7月18日火曜日

麻のタペストリー入荷しました

をりをりの記 上原敬子さんの手織りの麻のタペストリーは、
白を基調に、様々な模様と色でデザインされています。
透け感があり今の季節に涼しさを演出してくれます。

9月16日(土)~18日(日)澪工房にて「手織りカシミヤストール展」を開催予定です。

九州の糸島市にある上原敬子さんの工房「をりおりの記」
自然豊かで静かな丘の上にあります。

白地に薄いグレー、紫、茶色のラメ入りの横縞柄

白のリネンに臙脂のラメいりの横縞柄

墨絵を思わせる白地に黒の縞に茶色のラメ入り


白いリネンにグレイのラメの雲模様

白いリネンと生成りの木綿
 緑の木々と調和して雰囲気が和みます


ショールームで展示してみました。
「ギザギザハートの子守唄」から、イメージして織られたタペストリー
白地に淡い紫色の雲模様
出入り口に使っても、向こう側がうっすら見える
透け感が程よいです。

タペストリーW530~550 H1450~1600 一点一点違います
¥25,000(税込)*木製棒は別売り