2017年10月28日土曜日

「これなら私も入りたい」と思えるデザイン仏壇

家具デザイナー 澪工房 南 勝重と札幌のガラス作家
Rikospoppo 吉田絵里子 がデザインしたお仏壇

仏間がない住宅が増え、コンパクトな仏壇を求める声が多くなりました。
家具デザイナー 南は、「自分の父親が入る仏壇を毎日見ている。自分でデザインしたものだが、ダークな色合いで作ったもの。『見ていて気持ちが明るくなるようなお仏壇を作りたい』と思ったのがデザインのはじまり」と話す。
そこに使うガラスは、札幌スタイルでご縁のあったRikospoppoの吉田絵里子さんに依頼。
吉田絵里子「仏壇SORAに使ったガラスは、いつも晴れ渡る雲の上をイメージしました」と語る。
扉を開けてLEDライトを付ける事もできます。扉を閉めたままライトを点けると照明のようになります。扉を閉じていても 空を見上げている気持ちにさせてくれる、淡い色のガラスで気持ちが和みます。
※おりん、花器、写真フレーム等は付いておりません。
※ご注文後の生産商品ですので、納期についてはお問い合わせください。
チェストSORAとの組み合わせ
「こ

扉を閉めると雲の上のイメージ 仏壇SORA


メープル素材で明るい雰囲気 ¥250,000(税抜)

中には数珠やろうそくを入れられる引出し付き

身長157㌢のスタッフが横に立ったときのスケール感はこちらです。

リビングに置いた雰囲気


オンラインショップ→仏壇SORA

仏壇MORI ¥260,000(税抜)

高級感のあるウォルナット 森をイメージして

写真を飾るガラス棚が付いています
 

オンラインショップ→仏壇MORI

ガラス作家  Rikospoppo (リコズポッポ) 吉田 絵里子


武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科ガラスコース卒業後、エズラグラススタジオ (福井県) にて勤務。札幌に帰郷し、2015年Rikospoppoとして活動をはじめる。