2018年10月12日金曜日

莫窯(ばくよう)の器 ~冬ごもりの酒卓展~ご案内

日下です。

10月27日(土)28日(日)開催の『冬ごもりの酒卓展』には、
福岡と京都から作家さんがいらっしゃいます。

こちらは、福岡県糸島市にある上原治夫さんの窯「莫窯(ばくよう)
さんの器です。北海道札幌市のご出身です。
料理を美しく魅せる器は、プロの料理人からも定評があります。
一見控えめながら、お料理を盛り付けると、テーブルの上で存在感を放ちます。

ついつい作家さんの器は作品と思いがちですが、上原治夫さんは、「僕は食器屋です」と仰られていて、日々使って欲しいと思っていらっしゃいます。

私も、もったいがらずに日々使いをしています。
毎日の生活の中で、良いものを目で楽しみながら触れて使うことに、
豊かさを感じています。お皿に負けないようにお料理を頑張ろう!と思ったりします。

今回の展示会では、晩酌のときに使いやすいお皿や小鉢が並ぶ予定です。

印文皿 

鉄釉刷毛目掛け平皿(径16.5cm)緑無花果をのせて

藍釉小皿
38年間使い続けている窯は、一度に湯呑が250個近く入るそうです。


白瓷の器に赤絵や色絵をほどこして華やかに
耳付き掛け分け皿 に塩もみきゅうりのサンドイッチをのせて
奥様 上原敬子さん作の麻の卓布

糸島の莫窯さんの展示ルーム
静かで緑豊かな土地にあり、いつまでも佇んでいたいほど。

莫窯 HP                    http://bakuyo-uehara.tumblr.com/
上原治夫 facebook     https://www.facebook.com/haruo.uehara.9