2019年12月3日火曜日

当店の天板の中で一番人気のクルミ材ってどんな木?





酒井です。

当店でダイニングテーブルを作る場合、ほとんどが無垢材の天板です。







無垢材の種類はナラ、タモ、カバ、クルミ、ニレ、サクラ、ブラックウォルナット、ブラックチェリー、センなど、15種類以上の樹種を扱っております。






その中でも一番ご注文の多い材料はクルミ材です。






誰もが知っている食べるクルミです。






誰もがその名前を知っているからこそ、選ばれやすいと思うのですが

材質は一体どういった感じなのかは分からないと思いますので

クルミの良いところをお伝えしたいと思います。


クルミ材節あり W1800 D900 厚さ35
¥300,000(税別)




まず、クルミ材は英語でJapanese walnut(ジャパニーズ ウォルナット)といいます。

おや、ブラックウォルナットと名前が似てる?

そうです。ブラックウォルナットは北米のクルミの木ですので

日本のクルミと類する木です。


クルミ材

ブラックウォルナットよりは色が薄く、ナラよりは色が濃いです。

ブラックウォルナット材


ナラ材

ウォルナット材とナラ材の中間色くらいの色ですので

どちらの床材にも取り入れやすいと思います。

ブラックウォルナットの床材に
クルミのダイニングテーブル


ナラの床材にクルミのダイニングテーブル

着色していない天然の木には、色の濃い木目や薄い木目があり

クルミ材はその濃淡がバランスよく入っており、ブラックウォルナットでもナラでも合うのです。


色んなお菓子やパンにも使われ、栄養素も高い万能な食材ですが

お部屋のコーディネートにも万能なクルミ材。

皆様の家具選びのご参考にしてください。